いのっちの一人舞台@グランカイン

リネージュ2クラシック、グランカインサーバーに生息する一プレイヤーのブログ

大文化祭、自主出展作品vol1

こんにちわ、いのっちです。
大文化祭の作品が届き始めました!
といっても、まだまだ少なくさびしい状況です。
みなさま、お気軽にご応募くださいませ。


みなさまだけに頑張ってもらうわけにはいかないと思い
一つ作り始めましたが、その前にもうひとつ。


俺は気持ちの悪いことに、
たまに思いついたように詩を書くのが好きです。
実家を本棚をなんとなくあさっていたら、
母親の書いた詩集のノートを発見したときは、
あぁこれは血なんだ、と思いました。
ということで、以下、思いついた詩を自主出展です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「彷徨う想い」


図らずも、君と出会ったのはこの仮想世界だった。
デジタルで作られた空間で何気ない日々を送るうち
何バイトかの文字の交換で僕の心は君に侵食されていった。


いたずらにも、かすかに現実世界とつながっている事実。
耐え切れない想いはやがて、画面の文字に反映され
僕の想いには到底届かない重さで、君の目に映った。
君のありがとうという文字も悲しいぐらい淡く映り
画面の前の僕には歯がゆさに包まれた。


何ができるわけでもなく、現実を思うとそれはとても空虚で
思いが募るほどに、喜びと苦しみが同居する。
願わくば、その想いはとても純粋に
欲望に包まれた邪悪なものではなく
ただひと時だけ、君のぬくもりを感じられれば。
五感で君と向かい合いたい。


誰に伝えても、おそらく忌み嫌われるこの想いよ。
せめて僕だけは彷徨う想いとともにいつまでだろう、生きていこう。


そして、今日という日も仮想世界へ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



みんな、恥かいて何ぼやで!w

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。